Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

元素擬人化 参考文献(1) 

桜井 弘 編「元素111の新知識―引いて重宝、読んでおもしろい」
講談社ブルーバックス新書


元素の勉強をしたいひとは、とりあえず本屋へ走ってこれを買え、
とおすすめできる一冊。

元素発見の歴史、性質、用途、生体内での役割を中心に、
融点・沸点、密度、地殻濃度や同位体比などの数値も網羅しています。
専門書が数千円以上する中で税別1000円は破格。
しかもブルーバックス新書なので、大きめの書店に行けば
比較的かんたんに見つけられるでしょう。

頭から読むのもよいが、ぼく自身は辞書代わりに使っています。
よく知らない元素の名前に出くわしたらとりあえずこの本を開く。
元素のイメージをつかむには十分な知識を得ることができます。

やさしめに書かれていますが、化学用語や反応式が若干出てくるので、
わからないときは適宜調べてください(読みとばしてもOK)。

ひとつだけ難を言えば、元素の用途はややマイナーなものが
載っているので、興味があればほかの資料もあわせて見てください。
(元素の用途は、「Newton別冊 完全図解周期表」や、
文部科学省「一家に1枚周期表」あたりがくわしいです)

とりあえず本屋へ走ってこれを買え(笑)
スポンサーサイト

テーマ: 科学・医療・心理

ジャンル: 学問・文化・芸術

△page top

« ホウケイ酸ガラス
雨ときどきゲーム »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://saomi.blog11.fc2.com/tb.php/97-b8914b45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。