Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

特殊文字をちょっと勉強 

ホウ素の英語名"boron"の由来は、
アラビア語の白い(boǔraq)である。

"ǔ"ってどうやって表示するんだー!
と思っていたのだが、今日mixiで、オンライン上のみで知っている人
(会ったことはない)の日記を読んで表示できるようになった。

「とくしゅもじ、ちぃ、おぼえた」

小ネタは置いといて。

ブラウザ上でǔと書くと、これがǔに置き換えられる。
これだけ。すごくかんたんだ。
で、"468"を別の数字にすると、ほかの文字も表示できる。
表示したい文字とそれに対応する数字を探すのに、
Windowsなら「文字パレット」あたりを使うだろう。
しかしぼくはLinuxのひとなので、GNOMEの「文字マップ」を使った。
これがぼくには興味深いシロモノなんだ。

ぼくは文字マップを使って、
"ǔ"の文字の上側についている"ˇ"について調べてみた。

screenshot_mojimap_s.jpg

U+02C7 CARON
10進数表記の XML エンティティ参照: ˇ
falling-rising tone
Mandarin Chinese third tone


この記号は「カロン」というらしい。
ブラウザ上でˇと書くと表示できる。
発音は、一度下がってから上がる音。
中国語の第三声。

なんという雑学事典…。
ウィキペディアでも思ったのだが、
オープンソースってのは、ムダに知的になりたい人には
絶好のツールなんだよね。

それがいいんだけど。
スポンサーサイト

テーマ: 宇宙・科学・技術

ジャンル: 学問・文化・芸術

△page top

« 昼休みも化学
岩波ジュニア新書「元素の小事典」 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://saomi.blog11.fc2.com/tb.php/76-65693b7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。