Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

「ニッポンチャチャチャ」をしない 

バレーボールのグランドチャンピオンシップが始まったようです。スポーツ観戦はテレビで時々します。洗練された技の応酬には、思わず目を奪われます。

メディアを見ると、「ニッポンチャチャチャ!」という、日本人選手への応援の言葉をよく見ます。ちなみにぼくは、「ニッポンチャチャチャ」はしません。どの国の選手も、競技への努力や思いは同じだと思うからです。だから、ぼくがもし応援するなら、両方がんばれ、とか、みんながんばれ、になるでしょう。

どうやら、自国の選手を応援するというのはふつうのことであり、それについて疑問を持っているという話はあまり聞きません。マスメディアでは日本人選手を焦点にした情報発信をしているようですし、身近なひとの話でも「日本が」勝った負けたの話をしています。さらに、こうした傾向は日本だけではなく、他の国でもポピュラーなようです。

ぼくは、なぜ「ニッポンチャチャチャ」なのか、わかりませんでした。今もわかりません。一時期は、「自国選手の応援はナショナリズムの発露である!」と気張った時期もありましたが、最近は分からなくてもいいかな、と思います。

世界最高峰の競技が開かれ、それを見て楽しんだり、他国への理解を深める。あるいは、楽しまない。以前は、「ニッポンチャチャチャ」しなきゃいけないのかなあと思っていたのですが、今は、したいひとがすればそれでいい、したくないひとは無理してしなくていいと思っています。
スポンサーサイト

△page top

« 近況報告
自分だけが順調でない »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://saomi.blog11.fc2.com/tb.php/43-7f121ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。