Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

Metabolism, half-life of capsaicin and mechanism of receptor 

2014年も残すところあと10日となりました。
大みそかにはまだ早いのですが、
「カプサイシンはいねがー(生化学的な意味で)」
と練り歩く、なまはげ的な方を見かけたので、
英語論文のコピペを振る舞いました。

以下おすそわけ


Metabolism of capsaicin:
カプサイシンは主に肝臓で代謝され、
代謝物は受容体にあまりくっつかないようです。

"Capsaicin is metabolized extensively by the liver"
"the metabolites possess less potential at the VR1 receptor."
Capsaicin - Scientific Review on Usage, Dosage, Side Effects
http://examine.com/supplements/Capsaicin/#summary2-0



"VR1"はTRPV1同様、バニロイド類の受容体らしいです。

"The vanilloid receptor VR1 is a nonselective cation channel"
An endogenous capsaicin-like substance with high potency at recombinant and native vanilloid VR1 receptors
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC123079/



Half-life of capsaicin:
約24時間のようです。
引用文中の"vehicles"はカプサイシンを溶かした溶液と思われます。

"The estimated Thalf of capsaicin and dihydrocapsaicin in the three vehicles was similar (24 h)."
Effects of vehicle on the uptake and elimination kinetics of capsaicinoids in human skin in vivo
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0041008X04002030



Mechanism of receptor:
ヨクワカンネ(笑)

"poorly understood cascade of intracellular events"
Vanilloid (Capsaicin) Receptors and Mechanisms
http://pharmrev.aspetjournals.org/content/51/2/159.full#title35


ヨクワカンネとされながらも、神経細胞の興奮を促す機構として、
どちらかというと分子生物学としてよりも細胞単位のスケールで90年代後半から研究が進んでいるようです。
The Cloned Capsaicin Receptor Integrates Multiple Pain-Producing Stimuli
http://www.columbia.edu/cu/biology/courses/w3004/recitation7.pdf



ではでは。
スポンサーサイト

△page top

« 今日は一日“ゲーム音楽”三昧ツヴァイ プレイリスト
「ベンコレ」が新時代のゲームだと思う理由 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://saomi.blog11.fc2.com/tb.php/197-0311f23e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。