Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

首相曰く「原発新たに作る」らしい 

個人的には、
「原発作っても作らなくても、どっちもありじゃね?」


莫大な燃料費を投じて火力一本に絞るのか、
安全のリスクを引き受けた上で原発を使うのか。

出費も安全のリスクもどちらも取らない、
というのは無理な相談だということさえ分かっていれば、
どちらを取るかは「国民の好み」で決めることができます。
原発利用継続の立場から言えば、新規原発は既存のリプレースと考えることができます。

どちらの選択肢も取れて、しかも「最適解」という落としどころがないのですから迷って当然です。
先延ばしの得意な日本人らしく、ここはギリギリまで迷っていてもいいとさえ思っています。
どうせどっちに決めても、逆の意見の人たちに文句を言われるのですから。


ぼくは、決断の時は「2015年」だと思っています。
火力発電の燃料費によって、電力会社の中で潰れるところが出始める頃だからです。
さすがに電力会社を潰すわけにはいかないので
(年間数千億円の赤字を出す会社を買い取ろうというところもないでしょうし)、
税金を投入して火力発電を継続するか、原発を再稼動してバランスシートを改善するか。

日本が資本主義を採用している以上、このシーンで決断を先延ばしにするのは不可能なので、
この時点で「見切り発車」をせざるを得ません。


で。
目先の話はこれくらいにして。
個人的には、将来のエネルギー供給の方に関心があります。
25年後、50年後、ぼくたちはなにによってエネルギーをまかなっているか。
その将来像から逆算して今なにが必要なのか、ということです。
こちらに関しては、明るい話題があります。

再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の法案が去年8月に可決されました。
この「固定価格買い取り制度」(Feed-in Tariff, FIT)は、
欧州で「効果あり」と評価された実績ある制度です。

いわば政府によって利益が約束された形になるので、
手堅いビジネスとしてメガソーラーなどを建設する話も出ているようです。

再生可能エネルギーの成長を見守ることを主とし、
そのつなぎとして原発なり火力発電なり(火力は当分なくならないでしょうが)
を考えていくのがいいと思っています。


首相「原発新たに作る、福島と全く違うものを」(読売新聞 - 12月30日 20:53)
スポンサーサイト

テーマ: 政治・経済・時事問題

ジャンル: 政治・経済

△page top

« Word 2003からPDFを作成
2011 世界まとめ »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://saomi.blog11.fc2.com/tb.php/194-a9eb3206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。