Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

買いだめを(個人的に)考える 

最近騒がれている「買いだめ」ですが、
ぼくが震災後に買いだめ…というか、
備蓄目的で買ったものがありました。

それは、マヨネーズとマーガリン、
それぞれ1個ずつです。


ぼくは、次のシナリオを想定してこれらを買いました。

「本震から数日後余震が起き、
自宅は倒壊を免れたもののライフラインは全滅、物流も途絶える。

この状況で、1週間餓死をしないで生き残る」

今考えれば、ライフラインが全滅しても自宅が残るなんてあるだろうか、
とツッコミが入るところですが、
この時はこの条件を仮定して食料を確保しました。


確保の基準は、1200kcal/日と考えました。
糖尿病用の低カロリー食がこの値だったのと、
「1200kcal/日が自分にはベスト、それを超えると持久力が落ちる」
という人が紹介されていたのを本で(10年くらい前に)読んだのを
思い出したからです。

候補の第一にマヨネーズを挙げた理由は、
1本あたりのカロリーが高かったのと、
山で遭難したひとがマヨネーズを食べて生きのびた
という話をニュースで数年前に見たのを覚えていたからです。

目標値:8400kcal/7日

マヨネーズ:2900kcal/本
マーガリン:2560kcal/個
ドレッシング:2600kcal/本
砂糖:3800kcal/袋

その他:煎り大豆、かんぱん、鳥の缶詰、豆乳、野菜ジュース、
冷凍ごはん(ネットで出回っていたコピペを試してみた)

実際買うときに見ていたのは千の位程度で、
「1本で2000以上あるから、自宅のと合わせれば即死はしないだろ」
くらいのアバウトなものでした。

それから、皮下脂肪は7000kcal/kg。
あとは、食べ物のない時代が長かった、
ヒトという種の底力を信じるのみ。

非常時には通常の食生活を一時的に捨てて、
餓死回避を最優先にすることを方針にしました。


水は、風呂桶に溜めました(約150リットル)。
ぼくのじしんえにっき
という絵本を20年前に読んだときに、
おばあちゃんがお風呂に水を毎日溜めていたのが
鮮烈に印象として残っているからです。

「じしんのときには、おふろにしか水がないのか」
と、当時小学生だったぼくは恐れおののきました。


実際には食べ物がなくなることはなかったのですが、
白米が買えなかったので、玄米・押麦・そうめん・うどんを食べていました。
種類にこだわらなければ、食べ物自体はたくさんありました。
カレーそうめんおいしかったです。


気象庁発表の、「M7.0以上の余震が起こる確率」
が30%を切った数日後に、備蓄を放出しました。

風呂桶の水は洗濯とトイレ用に使い、
マーガリンはごはんに乗せて食べました
(トランス脂肪酸うんぬんと言われてもこれだけはやめられない)。
マヨネーズは、この前買ってきた茨城産のレタスを食べるのに使います。
あと、マヨネーズごはん。
スポンサーサイト

テーマ: 東北地方太平洋沖地震

ジャンル: ニュース

△page top

« 元素擬人化、アニメ化決定!
放射性物質と放射線 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://saomi.blog11.fc2.com/tb.php/179-8b7667b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。