Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

HIVキャリアへの退職強要を考える 

看護師がHIVキャリアであることを理由に退職を(事実上)強要されたそうです。
HIV感染の看護師「病院から退職を強要された」 病院「退職を求める意図はなかった」 - 痛いニュース(ノ∀`)

このネット記事のコメントで、病院ではなく看護師を非難したものが無視できない数にのぼっています。

うちでは看護職は続けられないとした病院側の姿勢にはぼくは反対ですし、
もし自分が看護師の立場だったらと考えると、
辞職して当然という意見が公然とまかり通る状況は嫌です。
(この「状況」というのは、一方的かつ大量の声につるし上げられるという「差別的な扱い」を含みます。ぼくは差別的な扱いを受けたくありません。)


HIVに対する理解が広まればこうした事態が変わるかもしれないと考えたので、
医療従事者から患者へのHIV感染はごくまれであるという趣旨の論文(概要)と、
ぼく自身の体験、参考にしたブログへのリンクを書いておきます。


HIV, HBV, or HDV transmission from infected health care workers to patients
からの引用

Since 1972, 50 outbreaks have been reported in which 48 HBV infected HCWs (39 surgeons) transmitted the infection to approximately 500 persons. To date, 3 cases of transmission of HIV and 8 confirmed cases of transmission of HCV (to a total of 18 patients) from infected healthcare workers to patients have been reported.

この論文によると、世界中で3022年間に報告された医療従事者から患者へのHIV感染は3例だそうです。
割合としては世界中で107~8年に一度の事故ということになります。
(追記:論文では調査の対象期間が1972年からで論文の発表が2003年となっているのですが、
HIV/AIDSの初報告は'80年代(1981年)という指摘をいただいたので修正しました)


一方で、医療従事者から患者へのB型肝炎ウイルスの感染患者数は30年間で約500人とのことです。
医療従事者側の対策として、手技の改善や、B型肝炎ワクチン(HBワクチン)の接種などが行われているようです。*1
仮に医療従事者からの血液感染を気にするのであれば、HIVよりもB型肝炎ワクチン接種のほうが優先順位が高いと言えそうです。

ちなみに、外科領域での感染が最も多いそうです。
The risk of transmission of HIV, HBV and HCV from HCWs to patients is associated primarily with certain types of surgical specialties


個人的な話になりますが、ぼくは2009年の11月に、HIV・B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルスの検査を受けました。
当時、ぼくは49回の献血経験がありました。
1回の献血あたり、検査と本番であわせて2回針を刺すので、献血だけでも98回以上針を刺してもらっていることになります。

ウイルス検査の結果はいずれも陰性でした。
個人的な例ですが、医療従事者からの感染率の低さを読み取っていただければと思います。


【参考サイト】(追加しました)
HIVキャリアを理由に看護師を解雇することは正当か? - NATROMの日記
こちらのエントリーの出典に記事中の論文のタイトルと和訳引用が書かれていたので、
実際に論文概要を読んでみて当記事を作成しました。

HIV差別がひどすぎて驚いた(前編) - へてくろ日記。
今回の件における差別的な構造について書かれています。

HIV差別がひどすぎて驚いた(後編) - へてくろ日記。
医療従事者から患者への感染は「事実上の」ゼロリスク、
なぜそう言えるのか、それをどう解釈するかを考察されています。


とりあえず、HIV抗体検査に行ったほうがいいと思う - キリンが逆立ちしたピアス
日本におけるHIV/AIDSのイメージについて疑問を投げかけています。
実際にHIV抗体検査に行かれたときの事についても書かれています。

ため息つくほど度し難い II - ちょっと呟いてみる
HIVキャリアの医療従事者による
「意図的に自分に刺した針を患者に刺す可能性」について疑問を呈しています。


HIV 感染は退職をすすめる根拠になりません - 感染症診療の原則
HIVキャリアの医療従事者に対する、国内外の対応について書かれています。


*1厚生労働省 - B型肝炎について(一般的なQ&A) B型肝炎ウイルスと保健医療従事者
スポンサーサイト

テーマ: 気になるニュース

ジャンル: ニュース

△page top

« 海外でデング熱感染者が増えているらしい
117番元素合成成功 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://saomi.blog11.fc2.com/tb.php/172-1ccfdce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HIV差別がひどすぎて驚いた(前編)

こちらのニュースでの反応があまりにひどすぎたので。 痛いニュース(ノ∀`):HIV感染の看護師「病院から退職を強要された」 病院「退職を求める意図はなかった」 本当にニュースに対するレスの流れがひどくて、匿名掲示板の意見だからとかそういうレベルじゃなくて

へてくろ日記。

2010/05/04 09:26

HIV差別がひどすぎて驚いた(後編)

(前編はこちらから) 急ごしらえの前編が思った以上にたくさんのアクセスを集めたみたいで、多くの人に意見を読んでもらえたのは喜ばしいのですが、かつてない人入りに少々びびっています。 ちょうどこのブログを始めて満5年になろうかとしているのですけど、こ

へてくろ日記。

2010/05/06 02:31

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。