Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

リボソーム in サイエンスゼロ 

NHK教育のサイエンスゼロ見てました。
「ノーベル賞受賞!リボソームの正体に迫る」

ぼくたちの身体はたんぱく質でできています。
で、そのたんぱく質をつくる工場がリボソームです。

遺伝子をコピーする役(メッセンジャーRNA)と、
アミノ酸を持ってくる役(トランスファーRNA)
がいっしょに作業する場所です。

リボソームのくわしい構造はなぞに包まれていたのですが、
近年バクテリアの持つリボソームの分子構造が明らかになって、
研究に携わった3名の方が2009年のノーベル化学賞を受賞されたそうです。


番組の中で、リボソームとRNAが協力をして
新しいたんぱく質をつくっているCGが印象に残りました。
リボソームもRNAも基本的に、水素・炭素・窒素・酸素のかたまりです。
そのかたまりが生き物のように動いて(まあ生き物なんですがw)、
編み物を編むようにたんぱく質をつくっていくのです。

すごいですねー。

昔、NHKスペシャルで「驚異の小宇宙・人体」というシリーズがありましたが、
人体を神秘と謎に満ちた"小宇宙"と表する意義は今でも変わっていないですね。
スポンサーサイト

テーマ: 化学

ジャンル: 学問・文化・芸術

△page top

« 鳩山首相がTwitter開始
切った髪のゆくえ »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://saomi.blog11.fc2.com/tb.php/163-6a5ffbbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。