Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

9800GX2でFolding@home 

GeForce 9800GX2 2枚で4GPUとし、
1台のPCでFolding@homeのGPU版を4つ動かすことに成功しました。

グラボ側のDVI計4系統をすべてディスプレイに接続し、
NVIDIAコントロールパネルの「マルチディスプレイモード」で
各GPUを独立動作させました。

使用マザーボードはGIGABYTE社のGA-MA790FX-DQ6。
チップセットがAMD 790FX+SB600とSLI非対応ですが、
もともとGPUはばらばらに動作させるつもりだったので問題なしとしましたw

F@HクライアントのMACHINE IDは4つそれぞれに異なる値を割り振り、
優先度をidleからlowに引き上げてCPUリソースを確保しました。

1ワークユニットの所要時間は約2時間10分。
GTX260の約1時間55分、9800GTXの約2時間には及びませんが、
頭数の多さでカード1枚あたり1.8~1.9倍の処理能力があると言えるでしょう。


ディスプレイは、
三菱電機 Diamondcrysta WIDE 22型(DVI,HDMI,D-SUBの入力3系統)と、
IBM T545(DVI)の計4系統。
HDMIとD-SUBはそれぞれ変換コネクタを使用してグラボ側DVIと接続。

(グラボ側のHDMIコネクタに接続すると、GPU版クライアントが
"UNSTABLE_MACHINE"のエラーを出してしまうので、
わざわざHDMI-DVI変換コネクタを使用しました)

4系統とも、"画面の設定"→"モニタ"で、
「デスクトップをこのモニタ上で移動できるようにする」
にチェックが入った状態にしておきます。

20081101.png
動作成功。
1台のPCで約20000PPD(ポイント/日)となっています。


動作環境

●CPU:PhenomX4 9750 95W版
●マザーボード:GIGABYTE GA-MA790FX-DQ6(SLI非対応)
●グラフィックカード:NVIDIA GeForce 9800GX2 2枚
Inno3D I-9800GX2-I5GTES、ASUS EN9800GX2/ G/ 2DI/ 1G
●電源:750W XIGMATEK NRP-MC751
●ディスプレイ:2台 三菱電機 Diamondcrysta WIDE 22型、IBM T545
●メモリ:1GB2枚組 CFD FireStix Heat DDR2-1066
●光学ドライブ:DVDスーパーマルチ Panasonic SW-9588-CXM
●HDD:500GB Seagate Barracuda 7200.11 ST3500320AS
●ケース:AQTIS AC-MS04W(サイドカバー常時開放)

●OS:Windows Vista Home Premium SP1 64ビット版
●グラフィックカードドライバ:バージョン177.84 CUDA対応版

※以上の環境における動作を保障するものではありません
スポンサーサイト

テーマ: 自作・改造

ジャンル: コンピュータ

△page top

« 年末年始元素たん
Radeon HDを入れたら音が出なくなった »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://saomi.blog11.fc2.com/tb.php/154-0c1d89f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。