Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

学習ノート【有機化学,20080516】 

シクロファン

芳香環を持ち、全体が環の形をしている分子。
小さいシクロファンにはパラシクロファン、チョウチン、スーパーファンなどがある。
大きいシクロファンは環の内部に原子や分子をとらえることができ、
こうしたイオン認識・分子認識の分野は近年発展が著しい。

クラウンエーテル

炭素ふたつ、酸素ひとつがくり返し並んで環をつくった分子。
環の中心に陽イオンをとらえる性質がある。
ビナフチル骨格を持ったクラウンエーテルは、
鏡像異性体の片方だけを分離することができ需要が大きい。

ベンゾピレン

酸化物が強い反応性を持ち、周囲のDNAを傷つける発がん性物質。
コールタールや魚の焦げなどに含まれる。

たんぱく質の構造解析

反応性の高いペプチド鎖の端にジニトロフェニル基のある化合物を取りつける(DNP化)。
塩酸などで分解するとDNP基がついたアミノ酸だけが黄色になるので、これを分析する。
2番目以降のアミノ酸を分析するには、先頭のアミノ酸だけを切り離すエドマン分解や、
特定の位置でペプチド鎖を切り離す酵素を使う。
イギリスのフレデリック=サンガー氏が手法を開発した。

不斉触媒

鏡像異性体のうち片方だけをつくることができる触媒。
パーキンソン病治療薬のL-ドーパや抗生物質のカルバペネムに実用化された。
野依良治氏は、不斉合成を初めて実現、優れた不斉触媒のBINAPを開発し
2001年ノーベル化学賞を受賞した。

導電性高分子

単結合と二重結合が交互に並び、微量のハロゲンを含む。
ポリアセン、ポリピロールなどが実用化され、
発見した白川英樹氏は2000年ノーベル化学賞を受賞した。


参考にした本
佐藤健太郎「有機美術館へようこそ」技術評論社,2007

今まで元素の勉強を中心にしてきたけれども、
「化学全般」となると、広い世界に足を踏み入れたな、と感じる。
スポンサーサイト

テーマ: 雑学・情報

ジャンル: 学問・文化・芸術

△page top

« ムーミンの国から
同人誌即売会に行ってきました »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://saomi.blog11.fc2.com/tb.php/144-8d4e6f31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。