Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

openSUSEでペンタブレットを使ってみた 

カーネルモジュールとデバイスドライバが入っている状態で、
# vi /etc/udev/rules.d/10-local.rules
KERNEL=="event*", SYSFS{idVendor}=="056a", SYMLINK="input/wacom"

wacom製機器の入力情報を/dev/input/wacomへリンクするようにします。
(このリンクは再起動後に有効になるようです)
そして、xorg.confに以下を追加します。

Section "InputDevice"
Driver "wacom"
Identifier "stylus"
Option "Device" "/dev/input/wacom" # USB ONLY
Option "Type" "stylus"
Option "USB" "on" # USB ONLY
EndSection

Section "InputDevice"
Driver "wacom"
Identifier "eraser"
Option "Device" "/dev/input/wacom" # USB ONLY
Option "Type" "eraser"
Option "USB" "on" # USB ONLY
EndSection

Section "InputDevice"
Driver "wacom"
Identifier "cursor"
Option "Device" "/dev/input/wacom" # USB ONLY
Option "Type" "cursor"
Option "USB" "on" # USB ONLY
EndSection

Section "ServerLayout"
#既存のSection "ServerLayout"に以下の3行を追加
InputDevice "stylus" "SendCoreEvents"
InputDevice "eraser" "SendCoreEvents"
InputDevice "cursor" "SendCoreEvents"
EndSection



以下、openSUSEでペンタブレットを導入したときの日記です。

ひさしぶりにペンタブレットを使ってみたいと思った。
Linuxでは、タブレットを差すと最初はマウスとして認識されるので、
タブレットの細かい動きや筆圧感知などを使うには
設定を追加してやる必要がある。

Linuxでタブレットを動かすには、「カーネルモジュール」と「デバイスドライバ」の
ふたつが必要だ。
デバイスドライバは見つかったのだが、カーネルモジュールは
「自分で作るのかな?」
と思い、ソースをダウンロードして作成(コンパイル)しようとしたら
「カーネルモジュールは作成されません」
みたいなメッセージが返ってきた。

「あ、あれ?(;゚Д゚)」
と思ってしばらく調べた。
ちなみにカーネルモジュールは、wacom.koという名前だ。

$ /sbin/modprobe -l wacom
/lib/modules/2.6.22.17-0.1-default/kernel/drivers/input/tablet/wacom.ko
$ lsmod | grep wacom
wacom 19584 0
↑すでに用意されていることが判明orz

気を取り直して、設定ファイルへの書き込みを行う。
これがうまくいけば、晴れてタブレットを使うことができる。
しかし今度は、

タブレットの信号を受け取るファイル名がわかりませんorz

眠くなってしまったのでここで1日目終了。

2日目朝。
信号を受け取るファイル名は分かったのだが、今度は、

起動する度にファイル名が変わってしまう事態に遭遇。

まさか、起動する度にファイルを書き換えるのか?
バカな、そんなはずはない!
(少し前まで使っていたUbuntuではその必要はなかった)

ちなみにここまで来るのにすでに4時間くらい費やしています(汗)

もうしばらく調べたら、
メーカーがWacom(タブレットのメーカー)の機器情報を
自動的にリンクする方法が見つかった。

# vi /etc/udev/rules.d/10-local.rules
KERNEL=="event*", SYSFS{idVendor}=="056a", SYMLINK="input/wacom"

…やった(゚∀゚)!!
設定ファイルを書き換えて、再起動。
「うまくいくかなー(´∀`)ソワソワ」

起動後の画面でタブレットを動かすと、カーソルがなめらかに動いた。
GIMPの「追加された入力機器の設定」でも、ダイアログが表示される。

成功。∩(・ω・)∩(゚∀゚)∩バンザーイバンザーイ

「来週、Linuxの新しいバージョンを入れ直す予定だけどね」
い、いいもん!
今回設定のしかたをおぼえたから、今度は10分で設定できるもん!

「で、タブレットを使う肝心の「絵」のほうはうまくいっているのか」
え、えーと…

前途多難だなw
スポンサーサイト

テーマ: Linux

ジャンル: コンピュータ

△page top

« ケータイ小説が人気らしい
萌える元素周期表、教育現場導入へ »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://saomi.blog11.fc2.com/tb.php/139-99e2f2d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

OpenSuse格闘記

現在大学でノートをノートパソコンで取ろうとしてます。 というか既にとっていたりします。 WindowsXPが重いしつまらないので親のお古のCF-W4に...

gn64の日記

2008/06/29 18:38

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。