Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

仇敵 ミュージックステーション 

高校生のころ、
「今時の若者たるものJ-POPを愛好しなければならない」
と思い、ミュージックステーション(通称「Mステ」らしい)を見ていた時期があった。

「自分の好きなJ-POPを語れなければ人にあらず」
「カラオケで流行歌を歌えなければ人にあらず」
のような雰囲気を当時感じていて、J-POPを愛好し歌えるように、
「Mステ」をがんばって見たのだが…だめだった。

歌を聴いていても心地よい気分になれない。
メロディや歌詞が頭からどんどん逃げていって覚えられない。
何度も挑んで、そのたびに失敗して、「自分はダメ人間だ」と自己嫌悪におちいった。

と、ここまでなら苦い思い出のある番組で終わるのだが、
あえて題名に「仇敵」とつけたのは(あの)理由があるからだ。
この番組では最新のヒット曲の歌手が出演するのだが、

アニメソングはランクインしていても外すんだよね。

ハッピーマテリアルのときにこのことを知って憤慨し、
晴れ晴れユカイのときに「またか」と思った。

晴れ晴れユカイのときは、オリコンのTOP20をネットで見た。
MCのお兄さんが、この曲もちゃんと紹介していた。
紹介時の映像も静止画とかじゃなくて、
アニメのエンディングのワンシーンを流していた。
売れていれば他の曲と同じように扱う、そうした姿勢に好感が持てた。


ミュージックステーションは母と弟が見ていたのだが、
今ではその時間はふたりとも家にいないので、
居間でこの番組が流れているのを見ることもなくなった。
mixiの日記キーワードランキングで「Mステ」という単語を見て、
ひさしぶりに思い出したので書いてみた。
スポンサーサイト

テーマ: TV番組

ジャンル: テレビ・ラジオ

△page top

« 海の底 あったらいいな レアメタル
輝きは100点の向こうに »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://saomi.blog11.fc2.com/tb.php/114-c592f9db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。