Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

輝きは100点の向こうに 

学問は、仕事の道具または趣味のために使うもの。
しかし高校レベルの内容では、そのどちらにも足りない。

最近、勉強についてぼくが思うことだ。

趣味としての学問に限って言えば、
おもしろくなるのは高校レベルを越えたところからだと思う。
高校では、おもしろくなる少し前のところで教科書が終わってしまっている。
まさに寸止め、続きはwebで、と言ったところか。

だが、高校の先の勉強で自分に合ったものを見つけられるかというと、
その出会いは運まかせというのが実状だろう。
(ぼくが元素の勉強をしようと思ったのも偶然のようなものだし)

楽しい学問との出会い。
その間口が広がれば、もっとおもしろくなるんじゃないかなーと思う。
でも、そのためにはどうすればいいだろうか?
スポンサーサイト

テーマ: 思うこと

ジャンル: 学問・文化・芸術

△page top

« 仇敵 ミュージックステーション
まんがをこの手に »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://saomi.blog11.fc2.com/tb.php/113-9a896a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。