Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

阿修羅展行ってみた 

- やっぱり阿修羅はジャニーズでした -

東京上野の東京国立博物館で開かれている
「阿修羅展」に行ってきました。

「あの有名な阿修羅像が東京に来ているらしい。
へーじゃちょっと行ってみようかな」

東京国立博物館は今回初めて行ったのですが、
敷地内には建物が複数あって、
建物の中は大理石でできた豪華二階建て仕様です。

「わーすごーい(゚∀゚ )三(゚∀゚)(←田舎者)」


十人弟子像、八部衆立像、四天王像、阿修羅像、CGシアターなど
いろいろ見てきました。

十人弟子はブッダの弟子達をモチーフにした、木と漆の像です。
ブッダというと「聖☆おにいさん」のブッダが思い浮かんで
「これが彼の弟子たちか」
と思わず笑ってしまうのですが、
表情の豊かさと立ち姿の美しさはすばらしいです。


八部衆は仏教の神様グループで、英訳ではたしか
"Devas of the Eight Classes"
だったと思います(ちょっとかっこいいですね(笑))。
阿修羅もこのグループのメンバーで、
像の顔立ちはみな幼く少年のようです。
この中では阿修羅像が別格扱いなのですが、
それは阿修羅像の顔立ちが他とくらべて端正だからという気がします。

少年のグループだとかイケメンだから別格とか、

どうみてもジャニーズです本当に(ry

この「乾漆八部衆立像」は、8世紀奈良時代に、
光明皇后が母の橘三千代を偲んでつくらせたといわれています。
会場では、みちよかーちゃんが拝んでいた仏像も展示されていて、
これもよかったですねー
(ちなみに、とーちゃんは藤原不比等です)。


四天王(Four Heavenly Kings)というとゴルベーザ…じゃなくて、
帝釈天の家来である
多聞天(毘沙門天)・増長天・持国天・広目天のことです。
十人弟子像や八部衆像が穏やかな造形で全長が1.5mほどなのに対し、
鎌倉時代につくられた四天王像は全長約2mで
表情や背後の炎、踏みつけられた鬼など攻撃的なつくりでした。
色あせているものの、赤や青などの彩色も見られ、
つくられた当時はさらに派手な像だったのだろうなーと想像します。


CGシアターは、火災で焼失してしまった中金堂
(2015年ごろに復元・完成予定)
の完成予想3DCGと、阿修羅像を3DCGで再現して間近で観察しよう
という趣旨の映像です。
阿修羅像の3DCGでは表面の状態や細かな凹凸まで再現されていましたし、
中金堂の回廊までもがCGで描かれたのはすばらしかったです。
ナレーションが奥田民義さん、音楽が城之内ミサさんなのもよかったです♪


戦利品:阿修羅展図録、花鳥獣模様ハンカチ
20090517.jpg

スポンサーサイト

テーマ: 仏教・佛教

ジャンル: 学問・文化・芸術

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。