Saomix elements通信

化学に出てくる118の元素を、少女に擬人化してお届け!

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

今日は一日“ゲーム音楽”三昧ツヴァイ プレイリスト 


120. そして伝説へ / すぎやまこういち指揮 NHK交響楽団(ドラゴンクエストIII そして伝説へ…)
119. 悠久の言葉(モンスターハンター3)
118. 光のアリア(ゴッドイーター2)
117. Reset / 平原綾香(大神)
116. Beyond The Sky / サラ・オレイン(ゼノブレイド)
115. エンディング(ふぁみこんむかし話 新・鬼が島)
114. Maximum Acceleration(湾岸ミッドナイト マキシマムチューン)
113. 女神の詩(ゼルダの伝説 スカイウォードソード)
112. The Flame And The Arrow(ルドラの秘宝)
111. Flower(Jubeat Knit)
110. Kagekiyo〜源平討魔伝メドレー〜(太鼓の達人)
109. 閃光(ファイナルファンタジーXIII)
108. 決戦(ファイナルファンタジーVI)
107. ただひとり 君のためなら 〜Song 4 u〜(テイルズ・オブ・エクシリア2)
106. Fighting Of The Spirit(テイルズオブファンタジア)
105. Sorcerian / 森口博子(ソーサリアン)
104. オープニング〜城(ここであえるね)(ソーサリアン)
103. この道わが旅(ドラゴンクエストII 悪霊の神々)
102. 戦火を交えて(交響組曲「ドラゴンクエストV」天空の花嫁)
101. 杉並の旧街道(風来のシレン)
100. 楽しい出逢い(ドラゴンクエストモンスターズ)
099. 勇者アンルシア(ドラゴンクエストX)
098. アンルシアの恵み(ドラゴンクエストX)
097. 酒場のポルカ(ドラゴンクエストIX 星空の守り人)
096. おおぞらに戦う(ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君)
095. 失われた世界(ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち)
094. エーゲ海に船出して(ドラゴンクエストVI 幻の大地)
093. 勇者の仲間たち(間奏曲〜戦士はひとり征く〜おてんば姫の行進〜武器商人トルネコ〜ジプシー・ダンス〜ジプシーの旅) / すぎやまこういち指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(交響組曲「ドラゴンクエストIV」導かれし者たち)
092. 勇者の挑戦(ドラゴンクエストIII そして伝説へ…)
091. 冒険の旅(ドラゴンクエストIII そして伝説へ…)
090. この道わが旅(ドラゴンクエストII 悪霊の神々)
089. 序曲(ドラゴンクエスト)
088. 蒼い無限 [アレンジ・バージョン](ジーザス)
087. エンディング(ウイングマン2 ─キータクラーの復活─)
086. バーニングヒート(グラディウスII)
085. バルーントリップ(バルーンファイト)
084. Fever(Dr. Mario)
083. 嵐のサキソフォン(キングオブファイターズ シリーズより)
082. 3・2・1→Smile!(Pop'n Music)
081. 音楽(Pop'n Music 17 The Movie)
080. 「I」〜為(ファイアーエムブレム 覚醒)
079. 貴様らが...姉さんの言葉を語るな!(ファイアーエムブレム 覚醒)
078. 噂のドリームキャスト / 湯川専務
077. セガサターン、シロ! / せがた三四郎
076. キングオブキングのうた(みんな大好き塊魂)
075. サトミタダシ薬局店のうた(女神異聞録~ペルソナ~)
074. NaHaNaHa vs. Gattchoon Battle
073. お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果(Beatmania IIDX)
072. レッツゴー! 陰陽師(新・豪血寺一族 -煩悩開放-)
071. Go Goマリオ!! / 谷山浩子
070. Bugってハニー / 高橋名人
069. ボンバーキングのテーマ / 高橋名人
068. Outride A Crisis(スーパーハングオン)
067. The Royal Academy Of Katamari [Remixed by 松前公高](塊魂トリビュート)
066. TYPEII [自宅録音版](サンダーブレード)
065. TYPEII(サンダーブレード)
064. アフターバーナー / S.S.T.BAND(アフターバーナーII)
063. Rush A Difficulty(ターボアウトラン)
062. Like The Wind(パワードリフト)
061. 時の回廊 [オリジナル・サウンド・ヴァージョン](クロノトリガー)
060. Space Harrier Main Theme [LIVE] / Blind Spot(スペースハリアー)
059. Wilderness [LIVE] / Blind Spot(Golden Axe)
058. Beyond The Galaxy [LIVE] / Blind Spot(ギャラクシーフォース2)
057. 飛翔(ゼノギアス)
056. 時の回廊(クロノトリガー)
055. Born To Be Free(メタルブラック)
054. Catabolism(ダライアスバースト アナザークロニクルEX)
053. Quartet Theme [Reborn] / arranged by ZUNTATA(グルーヴコースター)
052. 電車で電車でGO! GO! GO! GC! -GMT remix-(グルーヴコースター)
051. The World Of Spirit(ダライアス・バーストアナザー・クロニクル)
050. 電車で電車でGO! GO! GO!(電車でGO!)
049. Daddy Mulk [LIVE] / ZUNTATA(ニンジャウォーリアーズ)
048. Good Bye-My Earth [LIVE] / ZUNTATA(ダライアスバースト)
047. Groove Prayer [LIVE] / ZUNTATA(グルーヴコースター)
046. Re:Birth II ‐閃‐ より 七英雄バトル(ロマンシング サ・ガ2)
045. Re:Birth聖剣伝説より Rising Sun(聖剣伝説 ファイナルファンタジー外伝)
044. Dragon's Den(パズル&ドラゴンズ/ソシャ)
043. 戦場 疾風(世界樹の迷宮IV)
042. Reach Out To The Truth(ペルソナ4)
041. Limitation(タクティクス・オウガ)
040. 決戦!サルーイン(ロマンシング サ・ガ)
039. バトル2(ロマンシング サ・ガ)
038. 熱情の律動(ロマンシング サ・ガ ミンストレルソング)
037. 下水道(ロマンシング サ・ガ)
036. 終わりなき愛(聖剣伝説4)
035. Rising Sun(聖剣伝説 ファイナルファンタジー外伝)
034. 死闘の果てに(Sa・Ga2 秘宝伝説)
033. 必殺の一撃(Sa・Ga2 秘宝伝説)
032. セリア姫のポプリ / 慶野由利子
031. 交響的舞曲 / 慶野由利子
030. Jungly Steps(パックマニア)
029. スタート、BGM往路(パックランド)
028. DBDD / 慶野由利子
027. ドラゴンバスター(The Return Of Video Game Music)
026. リブルラブル(Video Game Music)
025. フォゾン(Video Game Music)
024. 歩行音(ディグダグ)
023. セル・レギオス狩猟曲(モンスターハンター4G)
022. 生命ある者へ(モンスターハンター3)
021. 墜天せし者(ファイナルファンタジー14)
020. 過重圧殺!〜蛮神タイタン討滅戦〜(ファイナルファンタジー14)
019. 地平を喰らう蛇(ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー)
018. お願い! シンデレラ(アイドルマスター シンデレラガールズ)
017. ブルーおにぎり(とびだせ どうぶつの森)
016. タイトル(おいでよどうぶつの森)
015. vs つよい妖怪(妖怪ウォッチ)
014. vs 妖怪(妖怪ウォッチ)
013. 敵艦隊、見ゆ!(艦隊これくしょん〜艦これ〜)
012. 索敵機、発艦始め!(艦隊これくしょん〜艦これ〜)
011. 幻の大地 セルペンティナ(ツヴァイ!!)
010. ラギとランディ〜ツヴァイのテーマ〜(パンツァードラグーン ツヴァイ)
009. Still alive(Portal)
008. Baba Yetu(Civilization 4)
007. 10番道路(ポケットモンスター ブラック・ホワイト)
006. 戦闘! ジムリーダー アレンジ版(ポケットモンスター ブラック・ホワイト)
005. 狂花水月(星のカービィ トリプルデラックス)
004. グリーングリーンズ(星のカービィ)
003. Bloody Tears 血の涙(悪魔城ドラキュラX 血の輪廻)
002. Beginning(悪魔城伝説)
001. ゼビウス(Video Game Music)

今日は一日“ゲーム音楽”三昧 ツヴァイ
NHK-FM 2014年8月10日(日) 午後0時15分〜10時30分放送

公式サイトが2015年8月15日現在閲覧できないため、
Internet Archiveより転載。


「今日は一日ゲーム音楽三昧」の曲目リストをながめてニヨニヨしようと思ったのですが、2010年放送分のリストはわりとすぐ見つかるのにツヴァイがなかなかヒットせず苦労したので作成。


【リンク】
2010年8月7日(土)放送 「今日は一日“ゲーム音楽”三昧」 プレイリスト(Internet Archive)

2010年5月6日(木)放送 「ラジオ深夜便 ロマンチックコンサート~リラックス・サウンズ:ゲーム・ミュージックの世界~」 プレイリスト(NHK-FMブログ)
スポンサーサイト

△page top

Metabolism, half-life of capsaicin and mechanism of receptor 

2014年も残すところあと10日となりました。
大みそかにはまだ早いのですが、
「カプサイシンはいねがー(生化学的な意味で)」
と練り歩く、なまはげ的な方を見かけたので、
英語論文のコピペを振る舞いました。

以下おすそわけ


Metabolism of capsaicin:
カプサイシンは主に肝臓で代謝され、
代謝物は受容体にあまりくっつかないようです。

"Capsaicin is metabolized extensively by the liver"
"the metabolites possess less potential at the VR1 receptor."
Capsaicin - Scientific Review on Usage, Dosage, Side Effects
http://examine.com/supplements/Capsaicin/#summary2-0



"VR1"はTRPV1同様、バニロイド類の受容体らしいです。

"The vanilloid receptor VR1 is a nonselective cation channel"
An endogenous capsaicin-like substance with high potency at recombinant and native vanilloid VR1 receptors
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC123079/



Half-life of capsaicin:
約24時間のようです。
引用文中の"vehicles"はカプサイシンを溶かした溶液と思われます。

"The estimated Thalf of capsaicin and dihydrocapsaicin in the three vehicles was similar (24 h)."
Effects of vehicle on the uptake and elimination kinetics of capsaicinoids in human skin in vivo
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0041008X04002030



Mechanism of receptor:
ヨクワカンネ(笑)

"poorly understood cascade of intracellular events"
Vanilloid (Capsaicin) Receptors and Mechanisms
http://pharmrev.aspetjournals.org/content/51/2/159.full#title35


ヨクワカンネとされながらも、神経細胞の興奮を促す機構として、
どちらかというと分子生物学としてよりも細胞単位のスケールで90年代後半から研究が進んでいるようです。
The Cloned Capsaicin Receptor Integrates Multiple Pain-Producing Stimuli
http://www.columbia.edu/cu/biology/courses/w3004/recitation7.pdf



ではでは。

△page top

「ベンコレ」が新時代のゲームだと思う理由 

「ベンゼン誘導体コレクション」(略称:ベンコレ)というゲームを始めました。

20140215_bencolle.jpg

このゲームの目的は、ベンゼン化合物のカードをコンプリートすること、全10ステージのクエストをクリアすることです。ベンゼン環のついた化合物のカードを集め、集めたカードでクエストに挑みます。カードの強さは分子量であり、大きい分子量のカードを持っているとクエストを早くクリアすることができます。

このゲームが化学系であることはもちろんうれしいのですが、今回の記事では「ゲームシステムそのもの」に焦点を当てます。


このゲームでは、1時間に1回化合物のカードを引くことができ、カードの編成を行い、1時間に1回クエストに挑むことができます。このゲームの肝は、カードの取得、編成、クエスト挑戦を、すべて自動でやってくれることです。いったんゲームを始めれば、プレイヤーが必要な操作はなにもありません。実績を閲覧することはできますが、ゲームを有利に進めるためにプレイヤーができることはありません。

一見謎仕様のこのゲーム、謳い文句は
「一般的なソーシャルゲームや放置系ゲームにありがちな煩わしさを完全に取り払った、新時代の放置ゲー」
です。

ぼくはこのゲームに文字通り「新時代」の風を感じました。
なぜなら、このゲームは従来世代ゲームの「後」にフォーカスを当てているからです。


たとえば、従来世代のRPGでレベル上げをすることを考えてみましょう。
レベル上げの準備としては、狩り場の選定、パーティーメンバーや装備、戦闘パターンの検討などがあります。従来世代のゲームでは、「攻略方法を見つける」ことに重きが置かれていると思います。そして検討が完了し、最適なパターンが見つかったら、あとはそれを繰り返します。

手動で。

「怠惰」がプログラマーの美徳とされる2014年においても、です。オンラインゲームでは、自動によるレベル上げを禁止しているものも少なくありません。

従来世代ゲームの
「ゲームプレイの目的は攻略方法の模索である」
「攻略方法が解明された後どうするのか」
という状況に対して、ベンコレは、

「攻略法の解明は軽く流す」
「攻略手段は自動」
というひとつの回答を投げかけたことにあると、ぼくは考えています。


さらにこのゲームは、現代のアマチュアゲーム制作に大切な要素を少なくとも2点含んでいると、ぼくは考えています。

ひとつは、「アイデアを形にするスピード感」です。
ベンコレは、インターフェイスもステージ構成もシンプルです。また、同シリーズの「鉱物コレクション」では、サービスが終了したコンテンツのフリー素材を用いています。いずれも、「アイデアはまず形にする」ということを教えてくれている気がします。

ふたつめは、「史実の反映」です。
ベンコレでは、カードの入手経路が実際の反応経路に基づいています。実在の設定を反映した作品として思いつくのは「ガールズ&パンツァー」や「艦隊これくしょん」ですが、これらはいずれも人気の作品です。実際の設定を取り込むのは大変ではありますが、できる範囲でやっていくのが作品の魅力を高めるのに大切だと考えています。

テーマ: ゲーム

ジャンル: ゲーム

△page top

Word 2003からPDFを作成 

【メモ】Word 2003からPDFを作成

仮想プリンタ導入。
ぼくはオープンソース好きなので
PDFCreator http://www.pdfforge.org/
を選択。

日本語対応の
Bullzip PDF Printer http://www.bullzip.com/
もおすすめ。

仮想プリンタは、たぶんGhostScriptのフロントエンド。
PDFCreatorのインストール時に、PDFArchitectとSaveByClickのインストールはスキップできる。

仮想プリンタの印刷時、プロパティで白黒かカラーを選択。
さらに詳細設定で用紙サイズを選択。
用紙の向きを短辺から出力にすると、横向きの文書ができる。
フォントをPDFに埋め込むには、TrueTypeフォント:ソフトフォントとしてダウンロードを選択。

仮想プリンタとWord2003では、用紙サイズの指定オプションを使用。
用紙のカスタムサイズは指定できないので、目的に近いサイズで出力してからAbobe Readerとかで再印刷。

PDFCreatorは印刷時に、Option-Formats-PDF-General-Default settingsで印刷品質を指定。
下にいくほど高品質。
同じくCompatibilityでPDFのバージョンを指定可。

テーマ: パソコン関連お役立ち情報

ジャンル: コンピュータ

△page top

首相曰く「原発新たに作る」らしい 

個人的には、
「原発作っても作らなくても、どっちもありじゃね?」


莫大な燃料費を投じて火力一本に絞るのか、
安全のリスクを引き受けた上で原発を使うのか。

出費も安全のリスクもどちらも取らない、
というのは無理な相談だということさえ分かっていれば、
どちらを取るかは「国民の好み」で決めることができます。
原発利用継続の立場から言えば、新規原発は既存のリプレースと考えることができます。

どちらの選択肢も取れて、しかも「最適解」という落としどころがないのですから迷って当然です。
先延ばしの得意な日本人らしく、ここはギリギリまで迷っていてもいいとさえ思っています。
どうせどっちに決めても、逆の意見の人たちに文句を言われるのですから。


ぼくは、決断の時は「2015年」だと思っています。
火力発電の燃料費によって、電力会社の中で潰れるところが出始める頃だからです。
さすがに電力会社を潰すわけにはいかないので
(年間数千億円の赤字を出す会社を買い取ろうというところもないでしょうし)、
税金を投入して火力発電を継続するか、原発を再稼動してバランスシートを改善するか。

日本が資本主義を採用している以上、このシーンで決断を先延ばしにするのは不可能なので、
この時点で「見切り発車」をせざるを得ません。


で。
目先の話はこれくらいにして。
個人的には、将来のエネルギー供給の方に関心があります。
25年後、50年後、ぼくたちはなにによってエネルギーをまかなっているか。
その将来像から逆算して今なにが必要なのか、ということです。
こちらに関しては、明るい話題があります。

再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の法案が去年8月に可決されました。
この「固定価格買い取り制度」(Feed-in Tariff, FIT)は、
欧州で「効果あり」と評価された実績ある制度です。

いわば政府によって利益が約束された形になるので、
手堅いビジネスとしてメガソーラーなどを建設する話も出ているようです。

再生可能エネルギーの成長を見守ることを主とし、
そのつなぎとして原発なり火力発電なり(火力は当分なくならないでしょうが)
を考えていくのがいいと思っています。


首相「原発新たに作る、福島と全く違うものを」(読売新聞 - 12月30日 20:53)

テーマ: 政治・経済・時事問題

ジャンル: 政治・経済

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。